合格体験記

岡本 あかり さん(鎌倉高校・2019年度生)

明治大学 国際日本学部 国際日本学科 合格
青山学院大学 国際政治経済学部 合格
中央大学 総合政策学部 合格
法政大学 国際文化学部 合格
津田塾大学 学芸学部 合格
防衛大学校 人文社会学部 合格

★受験を振り返って★

私は高校3年間ソフトボール部に所属していて、毎日忙しい日々を過ごしていました。特に高校3年生の4月~6月は文化祭の準備も重なり大変な毎日でした。ですがそれまで大変だった分、その熱を一気に勉強に注ぐことができたのだと思います。また学校でもまわりの人たちは、ほぼ一般入試で、文化祭が終わるとみんな勉強のスイッチが一気に入ったのでそれに凄く触発されました。7月からは1日平均10時間くらいは勉強しましたが、厳しい状況でも楽しみを見つけて頑張っていたので総じて受験期間は苦ではありませんでした。何よりも受験を通して、もともと好きだった英語が100倍増くらいに好きになったので本当に良かったです。双葉には高校2年生から入学しました。夏の合宿や丸一日のトライアルを通して同年代、また後輩とも仲良くなれたので良い息抜きになりました。また普段の授業は少人数なので先生に質問や相談がしやすく、自分の志望校に合った授業をしてくださったので、それが合格につながったのだと思います。本当に感謝しかありません。ありがとうございました!

熊野 文美 さん(希望が丘高校・2019年度生)

明治大学 文学部 史学科 合格
防衛大学校 人文社会学部 合格
神奈川大学 法学部 自治行政学科 合格


★受験を振り返って★

私は受験勉強のストレスを睡眠で中和するタイプであるようで、睡眠時間はとても重要でした。受験勉強は基礎をちゃんと抑えること、知識と知識のつながりを意識して学ぶこと、わからなくても自分の持っている知識を使ってどうにかすることを意識して勉強していました。勉強に時間をかけることはもちろん大切ですが、勉強の筋道を決めるのがやはり大事なことであったと思います。一時は焦ることもありますが、我慢して勉強していれば最後にはやはり結果がついてくるものです。双葉予備校に入ったのは高2の夏でした。双葉の授業は少人数制の授業で生徒と先生の距離が近く、仲間同士でのコミュニケーションも多かったので気楽に授業を受けることはできます。授業では先生たちの選りすぐりの教材が使用されますが、要点をよく抑えてあって、授業をしっかり受けていれば着実に成績を伸ばすことが可能です。双葉の授業は少人数で行うので独特な緊張感があり、先生からの質問も何とか答えようともがいたところが成績が伸びた要因でもあると思います。双葉ではこのように少人数授業の利点を十分に生かしている所が大きな魅力になっていると思います。

上田 侑季 さん(湘南学園・2018年度生)

山梨県立大学 看護学部 看護学科 合格
東海大学 医学部 看護学科 合格
国際医療大学 医学部 看護学科 合格


★受験を振り返って★

長い受験でした。海外留学も視野に居れ、国公立大を第一志望にしましたが、何度も心が折れそうになりました。センター試験では苦手な数学が必須で、看護科の二次試験では小論文と面接の比重が高かったからです。しかし、それを乗り越えて得た合格は、言葉にできないくらい嬉しくて、自信にもなりました。できれば推薦で早く合格したかったですが、今思えば、この貴重な経験が私を成長させてくれたのだと思います。
双葉の授業は先生が次々と生徒に質問して答えさせることが多かったです。答えられないからといって責められることは全くありませんが、次は絶対に答えてみせるという気持ちにさせてくれる授業です。また、苦手な科目については、とても熱心に一緒に取り組んでくれます。最終的な志望校を選ぶ時にも、親身になって相談に乗ってくれました。双葉で出会った人たちは、皆良い人ばかりで、塾に行くことが苦痛だと感じたことは一度もありませんでした。最後まで頑張れたのは双葉の先生と友人がいたからです。

原田 大雅 くん(桐光学高校園・2018年度生)

東京理科大学 理工学部 合格

★受験を振り返って★

私が双葉予備校に入塾したのは高校2年生の冬でした。2年生の間は数学と英文法の授業を選択し、3年生からは物理を加えて受講しました。双葉の良かった所の1つ目は、まずライブ授業です。双葉予備校の授業は少人数制のライブ授業で、先生方が授業中に1人1人に問いかけをしてくれます。そして分からない所は、生徒がしっかり理解できるまで粘り強く教えてくれます。これはライブ授業ならではのものだと思います。そして2つ目は双葉のクラスで一緒に勉強できた仲間です。夏の勉強合宿では長時間の勉強でも一緒に教え合ったり、励まし合ったりして受験勉強を頑張ることができました。また自習室も集中しやすい環境でとても良かったです。

小峰 めぐみ さん(有馬高校・2018年度生)

神奈川県立平塚看護大学校 看護学部 合格

★受験を振り返って★

私は高3のインターハイまで部活があり、勉強ができる時間がかなり限られてしまっていました。それでもなるべく授業を受けられるようにと、双葉では時間割の調整をとても細かく考えてくださりました。だから部活をやりながらも勉強を続けてこられたと思っています。また双葉では1人1人のサポートがとても手厚く、相談もしやすかったです。授業は淡々と進むのではなく、個性豊かな先生方だったので、「授業が楽しい」と思えました。また授業の中に、前に教わったところの復習も取り入れながらの授業形態も自分にはとても良かったです。3年生になり8月までは部活と受験勉強と学校の定期テストの勉強の両立でとてもキツかったのですが、自分のできる範囲で努力して行こうと決め、頑張ってきました。

鈴木 康平 くん(大和高校・2017年度生)

一ツ橋大学 経済学部 経済学科 合格
慶応義塾大学 商学部 商学科 合格
早稲田大学 商学部 商学科 合格
明治大学 政治経済学部 経済学科 合格

★受験を振り返って★

自分にとって大学受験は「限界への挑戦」でした。高校1年生のころに何となく一橋大学へ挑戦しようと決めましたが、模試を受けるたびに同じ大学をめざす人たちとのレベル差を痛感させられました。でもそうした全国のライバルたちの存在を意識しながら毎日自分のやるべきことに一生懸命取り組んだことでゆっくりと着実に自分の力を引き上げられたのではないかと思います。双葉には高1の夏に入学しました。高1高2では英語、数学、国語をきっちり勉強し基礎力を養成しました。高3では難関大クラスの講座を受講して、目標校突破に向けて頑張りました。双葉の授業は少人数であるため、各生徒のニーズに細かく対応できる点が良いと思います。先生方の能力の高さも素晴らしかったです。また生徒側からの意見や要望にも真剣に耳を傾けてくれる姿勢も良かったです。

深津 実央 さん(日本大学第三高校・2016年度生)

法政大学 文学部 英文学科 合格
明治学院大学 文学部 英文学科 合格
神奈川大学 外国語学部 英語英文学科 合格

★受験を振り返って★

ずっと部活をやっていて双葉予備校に入ったのは高2の冬でした。受験勉強を始めるといっても最初は何から始めるべきか分かりませんでしたが、とりあえず双葉の授業の予習と復習をこなしていると、徐々に勉強の習慣がつきはじめました。双葉の授業は少人数でアットホームな授業です。先生に当てられることも多く、一つひとつが身に付くのをすごく感じました。また定期的に面談があるので避けがちな自分の成績に向き合えるし、的確なアドバイスもしてもらえるのでその度に頑張ろうと思えました。夏の合宿では長時間の勉強経験もでき友達も増え、すごく楽しかったです。先生方も明るくおもしろい先生ばかりで、双葉予備校だったから、つらい勉強も楽しくできたと思います。最後まで双葉で、先生や友だちと頑張れてよかったです。

1993-2020 ©双葉予備校 神奈川県大和市中央1-2-2 電話番号 (046) 260-1999